有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

自動車

現代の流通の要となっている自動車は、科学技術の集合体と言っても過言ではありません。エンジンやモーターなどの駆動系はもちろん、ボディの金属加工や塗装などにも、様々な知識と技術が応用されています。構造が複雑なうえに、人命を運ぶことから特に安全性が重視され、さらに環境への影響まで考える必要があるため、常に改善と改良が求められている分野です。また、研究および進化のスピードが速い分野としても知られています。
ハイブリッド車や電気自動車に用いられるLIB(リチウムイオン電池)や回路、金属や塗料、排ガス浄化触媒、オイル、タイヤなど、日東分析センターでは自動車の素材を幅広く分析することが可能です。Cryo(冷却装置)を用いた形態分析のほか、素材の3D分析、深さ方向の分析など、特殊な技術が必要な分析を得意としており、添加剤などの高分子材料の組成分析なども承ります。分析結果を数値化する定量解析も行なっておりますので、自動車の部材の分析なら当社にお任せください。

自動車の分析実績の紹介

多くの開発現場や製造現場でよく遭遇する問題を取り上げ、それらを解決するのにお役に立ちそうな各分析実績を紹介しています。成分分析や、お知りになりたい各分析項目がありましたら、そこをクリックしてください。どんな分析をしたら良いのか、分析のイメージがご理解いただけると思います。

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る