有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

故障・不良解析

目には見えないほど小さな異物の混入や付着、外観の変化などの故障・不良の原因を解析いたします。また、経年劣化とみられる変色や着色、変質などについても調査することが可能です。においのもととなるガスの発生原因などの調査もお任せください。そのほか、はじきや接触不良、接着不良、めっきはがれ、くもり、汚れ、腐食などの原因を組成分析や形態観察、物性評価などによって解析いたします。日東分析センターが持つ技術を駆使して各種故障や不良の原因を分析いたしますので、お気軽にご相談ください。
異物調査においては、5μm未満の異物をもサンプリングできる技術力を保有しています。樹脂層の中に混入している場合も、剥離や削り出しによって取り出すことができます。
お急ぎのお客様には短納期で対応することも可能です。まずはお問い合わせください。

故障・不良解析の分析実績の紹介

多くの開発現場や製造現場でよく遭遇する問題を取り上げ、それらを解決するのにお役に立ちそうな各分析実績を紹介しています。成分分析や、お知りになりたい各分析項目がありましたら、そこをクリックしてください。どんな分析をしたら良いのか、分析のイメージがご理解いただけると思います。

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る