有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

多層フィルム

日常生活の様々な場所で、機能性を持ったフィルムが使われています。窓用フィルムは、省エネを目的とした断熱効果や遮光効果のあるフィルムをはじめ、飛散防止や結露防止、目隠しなど、様々な用途に対応した製品が開発されてきました。また、商品の表面に付く傷を防ぐための保護フィルム、ディスプレイや画面のブルーライトをカットするためのフィルムなどもあります。
これらの機能性フィルムは複数の素材のフィルムを貼り合わせたものが多く、有機フィルムに無機の薄膜を重ねて作られていることがあります。日東分析センターが得意とする分析は、複数素材で作られた多層フィルムを切断して層構成を確認する断面観察や、深さ方向の組成分析などです。有機素材を綺麗に切断する手法では無機素材が崩れやすく、逆に無機素材を綺麗に切断する手法では有機素材の切断面が潰れやすくなってしまいます。当社には、有機・無機の複合素材を綺麗に切断できる技術と経験があります。

多層フィルムの分析実績の紹介

多くの開発現場や製造現場でよく遭遇する問題を取り上げ、それらを解決するのにお役に立ちそうな各分析実績を紹介しています。成分分析や、お知りになりたい各分析項目がありましたら、そこをクリックしてください。どんな分析をしたら良いのか、分析のイメージがご理解いただけると思います。

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る