有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

ヤモリテープを用いた「環境制御型」分析サービス

ヤモリテープを固定部材に用いて分析を行なうことにより、従来の導電性テープや金属ペーストでは難しかった、低温・高温環境に適応。さらに、汚染性を極限まで抑えた、これまでにない正確な分析データを提供します。

ヤモリテープのメリット

ヤモリテープの分析用途での活用には、以下のようなメリットがあります。
温度依存レス:低温・高温環境における分析が可能になります(分析環境温度の幅が広がります)。
位置ズレ防止(耐ドリフト):粘着剤・接着剤による影響を排除した正確なデータが得られます。
非汚染:溶剤を使用していないため、アウトガスによる影響を排除した正確なデータが得られます。
除電:CNTの導電性により帯電を抑制し、分析画像の劣化を防ぎます。

分析事例:ヤモリテープが活きる分析装置

ヤモリテープは以下のような分析装置に適用できます。

  • AFM(原子間力顕微鏡)
  • ナノインデンター
  • TOF-SIMS(飛行時間型二次イオン質量分析装置)
  • FIB(集束イオンビーム加工装置)
  • SEM(走査電子顕微鏡)
  • FE-SEM(電界放射型走査顕微鏡)
ヤモリテープとは?

図 ヤモリの足裏構造による接着

ヤモリの接着機構を模倣した粘着剤です。ヤモリは足裏にある繊維構造により、接着剤のように貼りつき、テープのように簡単にはがすことができます。

図 ヤモリテープによる接着

本分析サービスでは、日東電工株式会社がカーボンナノチューブ(CNT)を用いて、ヤモリの足裏構造を人工的に作製したヤモリテープを利用しています。
ヤモリテープの構成

図 ヤモリテープ(右)とSEM像(左)

CNTを高密度に垂直配向させた繊維状の構造体です。CNT間がファンデルワールス力により1層のシートで存在し、両面テープとして扱うことができます。

分析用途への応用

表面分析に使用される固定部材には種々の粘着剤・接着剤があり、分析時に必要とされる温度範囲、位置精度、取り扱い易さから選択されています。一般的には、粘着剤として導電性テープ、接着剤として金属ペーストがよく使われていますが、使用できる条件は下図のように限られています。ヤモリテープは従来の導電性テープや金属ペーストでは対応できない低温・高温範囲、汚染や位置ズレが発生しやすい環境下の分析に適しています。


図 固定部材の適用環境


図 CNTと汎用両面テープの加熱試験結果

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面解析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る