有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

【組成分析】 UV硬化型樹脂の構造を詳細に解析できます ~MALDI-TOF MS~ (028)
複雑な組成を有する共重合オリゴマーの構造解析手法として、MALDI-TOF MS(マトリックス支援レーザー脱離イオン化-飛行時間型質量分析法)は有効な手法です 。LC/MSで用いられるESIやAPCIなどのイオン化に比べて、試料の制約が少なく、簡便に測定できます。また、得られるイオンの精密質量より、分子構造(組成式)を推定することも可能です。ここでは、UV硬化型樹脂に用いられるアクリルウレタンオリゴマーを分析した事例を紹介します。
分析事例:UV硬化型樹脂用アクリルウレタンオリゴマーの構造解析_MALDI-TOF MS

アクリルウレタンオリゴマーのMALDI-TOF MSスペクトル〔図1〕からは、 分布を有する3つのピーク郡()が検出されました。各ピークの間隔は72uであることから、ピーク郡の分布は、テトラメチレングリコール(TMG)の繰返し数(図2におけるnの値)の違いによるものであることがわかります。また、m/z 1410.0のピークは、その精密質量より、2-ヒドロキシエチルアクリレート(HEA)、テトラメチルキシリレンジイソシアネート(TMXDI)およびポリテトラメチレングリコール(PTMG)で構成されたアクリルウレタンオリゴマー〔図2〕に由来するものであり、TMGの繰返し数nは9であることがわかりました。他のピークについても同様に、その構造を把握することが可能です。



その他の応用

・界面活性剤の(末端構造を含む)分子構造解析
・染料・顔料の分子量測定
対象試料

・分子量10,000以下の不揮発性有機,高分子化合物

印刷用データはこちら

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る