有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

【組成分析】有機酸の定性・定量ができま ~IC/MS~ (068)
有機材料に酸成分が含まれていると、金属を腐食・変色させることがあります。そのため、イオンクロマトグラフ(IC)を用いて、塩化物イオン(Cl-)や硫酸イオン(SO42-)などの無機イオンの評価はよく行なわれていますが、有機酸については溶出時間が類似しているため、評価が困難でした。これを解決するために、ICの検出器として質量分析計(MS)を用いることが有効で、カラム分離での保持時間とMSでの質量情報から有機酸を定性・定量することが可能となります。

分析事例:フィルム中の有機酸イオンの定性分析_IC/MS





フィルムの正常品と劣化品について、純水加熱抽出液のIC分析結果を図1に、IC/MS分析結果を図2に示します。その結果、IC/MSにより、ICでは定性できない有機酸成分として、F-とCl-の間の有機酸5成分、SO42-付近の有機酸4成分が含まれていることがわかりました。さらに、ピーク面積より、試料間での含有量の違いを評価することもできます。
このようにIC/MSでは有機酸を高感度で定性・定量することが可能です(有機酸の検出感度:0.1~数μg/ml)。

その他の応用

・メッキ液や環境水中の有機酸の定性・定量分析
・オイルの劣化により生成した有機酸の分析

印刷用データはこちら

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る