有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

【組成分析】 高分子材料中の添加剤のイメージングができます ~MALDI-TOF MS~ (154)
高分子材料には、その機能を発現するためにさまざまな添加剤が配合されています。これらの添加剤は、製品使用環境のさまざまな因子により劣化・変性することが知られています。その変化の挙動と分布状態を把握することは、製品の信頼性を評価するうえで重要です。近年、MALDI-TOF MSのイメージング機能を用いることで、比較的広範囲での分子イメージングが可能となってきました。ここでは、UV照射を行ったEVAフィルム(安定剤含有)に適用した測定事例を紹介します。

分析事例:EVAフィルム中の酸化防止剤およびその劣化物のMALDIイメージング

リン系酸化防止剤を含有するEVAフィルムにUV照射を行った試料についてMALDI-TOF MSを用いて分析を行いました。UV照射部では未照射部に比べて、リン系酸化防止剤の酸化物の分解物が顕著に存在していることが確認されました。

印刷用データはこちら

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る