有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

【分子量分析】 平均分子量、分子量分布を調べることができます ~GPC (173)~
高分子の諸物性は分子量、分子量分布と密接に関係しており、これらを把握することは製品の品質管理を行う上で重要です。ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC:Gel Permeation Chromatography)では、簡便にかつ再現性良く分子量、分子量分布を知ることができます。
GPC概要

GPCは、サイズ排除クロマトグラフィー(SEC:Size Exclusion Chromatography)とも呼ばれ、カラム充填剤の細孔と試料分子の大きさの関係に基づいて分離を行います。溶媒に溶解した試料分子がカラムに注入されると分子サイズの大きいものから順に溶出し、各種検出器で検出して得られたクロマトグラムより平均分子量と分子量分布を調べる方法です。
一般的には標準試料を用いて換算分子量として算出しますが、光散乱(LS:Light Scattering)検出器を用いたGPC/LSではポリマーの絶対分子量に加えて分子サイズ(回転半径)も算出することができます。

印刷用データはこちら

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る