有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

【組成分析】 UV硬化型樹脂(未硬化)の詳細な組成がわかります ~ GC/MS (184) ~
UV(紫外線)硬化型樹脂は、硬化速度が速く作業性に優れており、かつ、環境にやさしい(溶剤をほとんど使用しない・硬化に熱エネルギーを必要としない)などの理由から、塗料、接着剤、ハードコート、レジスト材料など様々な分野で使用されています。各分野で必要となる種々の特徴は、多種多様なモノマー・オリゴマーを組み合わせることで作ることが可能であり、UV硬化型樹脂の開発には、それらの詳細な組成を知ることが重要です。ここでは、未硬化のエポキシ系UV硬化型樹脂の詳細組成の分析事例を紹介します。 
UV硬化型樹脂(エポキシ系)未硬化物の詳細組成分析

UV硬化型樹脂は全体のFT-IRスペクトルからアクリレート系かエポキシ系かの判別は容易ですが、詳細な組成分析は分取GPCの各分画物のFT-NMR測定や試料全体のGC/MS測定などを行います。
樹脂の主成分を把握する
フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)にて樹脂の測定を行った結果を図1に示します。スペクトルから、エポキシ環が検出されたことより、主成分は芳香族系エポキシ樹脂である事がわかります。
詳細成分を分析する
GC/MSやGPCにて検出された各成分に対し、分取・分析を行うことで、詳細な組成を明らかにします。
例えば、分取GPCクロマトグラム〔図2〕の分画6について、1H_NMR分析を行った結果〔図3〕、エポキシ成分の他に「2官能オキセタン」が含まれていることが明らかとなりました。
このように各種分析を組み合わせることにより、主成分だけでなく、詳細成分を明らかにすることが可能です。

印刷用データはこちら

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る