有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

有機構造解析
Nittoグループとして培った高分子材料のノウハウ

「そのサンプルは何でできているのか」に取り組むのが、有機構造解析です。日東分析センターは、Nittoグループとして多岐にわたる素材の有機構造解析を行なうことで、Nittoブランドを支えてきました。
特に日東電工(株)が強みとしている高分子材料は、自動車や電子部品、電気製品、化学製品、化粧品など幅広い業界で活用されており、これらの有機材料を構造解析・定量評価することによって、品質の安定化や向上に取り組んでいます。

決め手は、前処理

有機構造解析の技術や性能を向上させるために、設備の充実、および機器類を使いこなす技術はもちろん大切です。日東分析センターでは、これらに加えて決め手となるものは、前処理であると考えています。
前処理とは、解析の対象となるサンプルを分析装置に入れるまでの工程です。高性能な装置を用いても、前処理無しで得られる分析結果は複雑で、詳細な情報を得ることが困難なため、分解、分離、誘導体化といった前処理が重要です。幅広い知識と技術が必要とされる前処理は、言わばベテランの職人が持つ経験と工夫が支配する世界です。長年の経験で得たノウハウをフルに活用して、サンプルごとに的確な前処理を行ないます。
日東分析センターには豊富な実績と、積み上げられた経験、高度な知識があります。私たちは常に結果の精度を高めるため、最適な前処理を追求し続け、お客様のご期待に応えてまいります。

必ずある正解を見つけ出すプロセス

有機構造解析の業務には、必ず答えがあります。サンプルが「何か」で構成されていることは間違いありません。その「何か」が具体的に何であるのかを解明するために必要なプロセスを研究することが、私たちの使命であるとともに喜びでもあります。
私たちが長年の業務を通じて達した結論は、良いプロセスから導かれる結果こそ最善の結果であるということ。必ず存在する正解を見つけるために、最良のプロセスをブラッシュアップし続け、正確な結果にこだわり続けます。

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る