有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

イオンクロマトグラフ/質量分析装置
IC Chromatograph/Mass Spectrometry(IC/MS)

1. 概要

イオンクロマトグラフ質量分析計(IC/MS)は、ICの検出器に質量分析計を接続させた複合システムです。試料溶液をICで分離し、溶出成分をイオン化室に導入してイオン化し、MSスペクトルもしくはMS/MSスペクトルを得る手法です。


2. 特徴

・ICでは同定が困難な成分(有機酸イオン、アミン系成分)でも質量情報から
 定性が可能。
・MS/MSスペクトルから官能基等の情報が得られ、構造解析の一助となる。
・分離が困難な有機酸イオン、アミン系成分をMS/MS測定で分離することで
 定量が可能。
 *電気伝導度検出器の方が定性,定量性の高い成分もある。


3. 測定対象試料と必要量
液体試料:50mL程度 水溶液であること。
固体試料:1g程度(これより少ない場合は御相談ください。)

イオンクロマトグラフ/質量分析装置

分析事例

有機酸の定性・定量ができます (068)

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る