有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

【組成分析】 界面活性剤の構造を詳細に解析できます ~MALDI-TOF MS~ (029)
界面活性剤は分子内に親水性部位と疎水性部位を有しており、それぞれの部位の構造および両部位の組み合わせにより特性が変化します。このような材料の組成を調べるのに、MALDI-TOF MS(マトリックス支援レーザー脱離イオン化-飛行時間型質量分析法)は有効な手法であり、質量分解能、質量精度が高いことから、組成式を求めることが可能です。ここではプラスチックの防曇剤として用いられる界面活性剤を分析した事例を紹介します。
分析事例:防曇剤の構造解析_MALDI-TOF MS

2種類の界面活性剤(試料A,試料B)のMALDI-TOF MSスペクトル〔図1〕からは、m/z 400~1200の範囲に試料由来のイオンが検出されました。 得られたイオンの質量を元に構造を推察した結果、試料Aはソルビタンのパルミチン酸エステルが主であり、また、モノ-,ジ-,トリ-,テトラエステルが存在することがわかりました。一方、試料Bも同じソルビタンの脂肪酸エステルではありますが、パルミチン酸以外にステアリン酸が含まれていることがわかりました〔図2〕。また、ジ-,トリ-,テトラエステルにおいて、パルミチン酸とステアリン酸の混合エステルが存在していることが確認されたことから、試料Bは2種類の脂肪酸エステルの混合物ではないものと考えられました。


その他の応用

・UV硬化型樹脂(オリゴマー)の分子構造解析
・染料・顔料の分子量測定
対象試料

・分子量10,000以下の不揮発性有機,高分子化合物


高分子分析の中で、特に分子量10,000以下の領域が得意なMALDI-TOF MSを用いて、プラスチックの防曇剤として用いられる界面活性剤を分析した事例をご紹介しました。

同じくMALDI-TOF MSを用いて、UV硬化型樹脂用アクリルウレタンオリゴマーの構造解析を行った事例もございます。

 ⇒UV硬化型樹脂の構造を詳細に解析できます_MALDI-TOF MS(028)

 ⇒LCの不明ピークの詳細構造がわかります_LC/NMR(076)

印刷用データはこちら

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る