有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

【組成分析】 腐食などに影響するヨウ素を正確に定量できます ~ IC (199) ~
ハロゲンは腐食等に影響するため、電子部品など各種部材中の含有量を正確に把握することは非常に重要です。一般的に燃焼IC(イオンクロマトグラフ)法はハロゲンの定量分析手法の一つですが、ハロゲンのうちヨウ素は吸収液への溶解性等の問題から、従来、正確に定量することが困難でした。当社では、前処理条件を工夫し、ヨウ素を正確に定量することが可能となりました。
 今回はジヨードメチル-p-トリルスルホン〔図3〕のヨウ素を定量した事例を紹介します。
ジヨードメチル-p-トリルスルホンのヨウ素量 回収率確認
燃焼IC法〔図1,2〕により、ジヨードメチル-p-トリルスルホン〔図3〕のヨウ素を定量した結果を図4に示します。
 添加剤を加えていない従来条件では回収率は80%程度ですが、燃焼ICの吸収液に添加剤を適量添加した結果、回収率が100%となりました。この手法により、燃焼可能な部材中のヨウ素を正確に定量することが可能となります。


その他の応用
・自動車部品,産業機器,家電,精密機器,センサー,半導体等の腐食成分分析
・腐食性ガス成分定性,定量分析
印刷用データはこちら

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る