有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

【形態観察】やわらかい材料の元素分析が可能です ~冷却FIB-SEM-EDX~ (103)
ソフトマテリアルにおいては、着色、酸化防止、粘度調整などの目的でさまざまな添加剤を使用しており、これらが材料内部でどのように分散しているのかを把握して材料設計にフィードバックすることが極めて重要となります。しかし、これまで、液状やペースト状の材料の元素分布を正確に把握することは困難でした。弊社では、冷却機能付集束イオンビーム/走査型電子顕微鏡複合装置(冷却FIB-SEM)と高感度の元素分析(EDX)検出器を併用することで、さまざまなソフトマテリアルの元素情報取得が可能となりました。

分析事例:口紅の断面元素マッピング_冷却FIB-SEM-EDX

スティック口紅の冷却FIB加工断面SEM像および元素マッピング像を示します。断面SEM像から、サブμmサイズの粒状物、10 μm以上のサイズの棒状(板状)粒子が明瞭に確認されました。また、各元素のマッピング像から、サブμmサイズの粒状物は、S, Tiを含む顔料であることがわかりました。さらに、O, Si, Tiが検出されたふたつの棒状(板状)粒子(a), (b)のうち、(a)はMg、(b)はCaを含む顔料であることが明らかとなりました。このように、SEM像だけでは識別が難しい形状の類似した粒子であっても、元素情報を得ることで明確に区別することができます。


スティック口紅の冷却FIB加工断面SEM像および元素マッピング像




高分子分析の中で、有機無機複合材料としてソフトマテリアルの口紅を、冷却FIB-SEMと高感度の元素分析(EDX)を用いて断面元素マッピングで観察した事例をご紹介しました。
ソフトマテリアルの観察には、次のような事例もございます。
 ⇒チョコレートの断面観察_IP-OM(089)

 ⇒複合材料の三次元元素マッピングが可能です_FIB-SEM-EDX(102)

印刷用データはこちら

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る