有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

ディスプレイ

カテゴリ選択

【形態観察】 100 nm以下の三次元構造を非破壊で観察できます ~X線CT(172)~
【表面物性】材料間に働く相互作用を評価できます ~SFA~ (166)
【界面分析】 貼り合わせ界面の分子情報をそのまま取得できます ~SFG~ (165)
【界面分析】 和周波発生分光法(SFG)を用いて表面/界面分子構造を分析します ~SFG~ (164)
【形態観察】 内部構造を非破壊で定量的に評価できます ~X線CT~ (158)
【形態観察】 in-situ分析により内部構造の変化を可視化できます ~X線CT~ (159)
【組成分析】 ICP-MS/MSで超高感度金属元素分析が可能です ~ICP-MS/MS~ (157)
【組成分析】 標準物質が無くても未知化合物の定量が可能です ~IC(LC)-ICP-MS~ (162)
【組成分析】 熱による分解挙動と外観変化を同時に確認できます ~TG-MS~ (161)
【熱分析】 フィッシュアイの局所熱分析ができます ~nanoTA~ (155)
【組成分析】 合成高分子の組成をHPLCで調べます ~HPLC~ (153)
【組成分析】 ブレンド?共重合体?がわかります ~HPLC~ (152)
【組成分析】 共重合組成の分子量依存性がわかります(DOSY-NMR法) (151)
【形態観察】複合材料の三次元元素マッピングが可能です ~3D-EDX~ (102)
【形態観察】 空間分解能1nmで材料の状態解析ができます ~TEM、EELS~ (146)
【形態観察】 サブμm~mmオーダーの三次元構造を高分解能観察できます ~X線CT~ (144)
【組成分析】 ガスの発生挙動を連続測定することができます ~EGA-MS~ (142)
【表面分析】接着剤の硬化度合の評価が可能です ~ナノインデンター~ (132)
【組成分析】LC/FT-MSによる精密質量測定で組成分析が変わります ~LC/FT-MS~ (077)
【組成分析】LC/FT-MSで光重合開始剤がわかります ~LC/FT-MS~ (078)

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る