有機・高分子材料の形態観察、表面解析、組成分析は株式会社日東分析センターにお任せ下さい。

【組成分析】 樹脂中の微小異物をそのまま分析できます ~LR~ (007)
透明な樹脂やフィルム中の異物は容易に確認されてしまうため、製品の外観不良につながるだけでなく、製品の性能に影響を及ぼすこともあります。通常、樹脂やフィルムの内部に存在する異物の組成情報を得るには、切削、切片、採掘などの前処理が必要となりますが、異物のサイズが小さくなるほど、これらの前処理が困難となります。このような場合、顕微レーザーラマン(顕微LR)のコンフォーカル機能が威力を発揮します。


分析事例:透明樹脂中の異物分析(顕微LR)


樹脂表面から約100μmの深さ位置に約10μmφの白色異物が確認されました〔図1〕。異物部にレーザーの焦点を合わせ、異物の上下25μmの範囲を1μmステップでコンフォーカル測定しました。その結果、図2の☆部に異物の情報が含まれることがわかり、その部分と正常部分〔図2□部〕の顕微LRスペクトル〔図3〕を比較すると、○印のピークに差異が確認されました。差スペクトルの結果〔図4〕 、異物は炭酸カルシウムであることが判明しました。このように、透明樹脂であればコンフォーカル測定により、前処理無しでも異物の同定が可能であることが示唆されました。














【コンフォーカル測定とは】


検出器の前にコンフォーカルホールを設けることにより、集光部(焦点の合った場所)の情報をより効率的に検出する顕微LRにおける測定手法です。

印刷用データはこちら

お問い合わせ・ご相談

形態観察、表面分析、組成分析など、評価・分析に関するご質問・ご依頼は、
お気軽にお問い合わせください。

  • ご依頼・お問い合わせ
  • ご依頼の流れ 営業所・分析拠点案内

ページトップへ戻る